« お昼間ビァー | トップページ | 霊的視点による《怒り》について。 »

一緒にいても ひとり。

一緒にいても ひとり。
ご夫婦関係や近しい対人関係について透視鑑定のご依頼をいただくことがあります。

鑑定を依頼された方は、様々なエピソードの中で感情と理屈の間で苦しみ、悩み、辛さや悔しさを抱えながら藁にもすがるような気持ちを抱えながらセッションルームにいらっしゃいます。

表面的にいろいろなエピソードがあったとしても、客観的事実とは別に、鑑定にいらっしゃるかたの心の底には《必ず呼応する感情問題》が内包していることをお話しさせていただいています。

感情問題と現実問題とを分けて理解していただくと問題解決の糸口が見えていきます。

この本はアスペルガー症候群の配偶者との結婚生活の大変さや工夫の数々を紹介した本ですが、夫婦関係やパートナーシップに悩む一般のかたが読んでいただいても参考になると思います。

|

« お昼間ビァー | トップページ | 霊的視点による《怒り》について。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。